毛穴ケア ビューティーラボ > 毛穴汚れとケアについて > 毛穴汚れの原因とトラブル【間違ったスキンケア】

間違ったスキンケア

毛穴をふさぐ余分な皮脂や古い角質・汚れをその日のうちにしっかり落とすことが毛穴ケアの基本です。
メイクをしたまま寝てしまうなどの行為はもってのほかです。


ただし、洗いすぎには注意が必要です。肌に必要な皮脂をも落としてしまうことになります。

また、取り去られすぎた皮脂を補充しようと、かえって皮脂分泌を活発にしてしまうことにもなります。
しかも肌荒れの原因になったり、その積み重ねがさらなる毛穴の角質肥厚を起こしたりします。


クラブ洗顔や洗顔ブラシ、はがすタイプの毛穴パックのしすぎは、皮脂腺を刺激して逆に皮脂分泌を活発化させてしまうことがあります。
乾燥もしやすくなるので注意が必要です。

特に、ニキビなどトラブルのある肌表面は敏感になっているので過剰な刺激はNGです。

また、毛穴パックなどで汚れをとっても毛穴は小さくなりません。

勘違いしやすいのですが、「発汗すれば毛穴から老廃物が出る」というのは間違いで、汗腺と毛穴は別の穴です。
発汗では毛穴の掃除は出来ないのです。


また、肌トラブルを抱えていると肌のターンオーバーが乱れて古い角質がはがれずかえって毛穴をふさいでしまいます。

毛穴そのものだけでなく、毛穴の出口周辺の角質が厚くならないような角質コントロールのスキンケアが必要です


洗顔・保湿・保護の正しいスキンケアを心がけましょう。

毛穴汚れとケアについて
おすすめ毛穴ケア商品
おすすめ化粧品
Copyright(C)毛穴ケア ビューティーラボ. All rights reserved.

広告掲載について