毛穴ケア ビューティーラボ > 毛穴汚れとケアについて > 日常の毛穴ケア

日常の毛穴ケア

まず大切なのは毎日の洗顔やクレンジングです。

洗顔の前に蒸しタオルなどで温めて毛穴を広げ、内部の汚れを落としやすくします。これは脂肌にも効果的です。


そしてダブル洗顔です。

クレンジング剤でメイクの油汚れを落としてから洗顔剤で洗います。

ウェットティッシュタイプのクレンジング剤は、逆に汚れが毛穴につまったり摩擦で角質を傷める危険性があり、また添加物も多く含まれています。
肌の弱い方は特に、水で洗い流せるタイプがいいでしょう。

洗顔はぬるま湯で洗顔剤をよく泡だて皮膚をやさしくなでるように、毛穴に圧力がかからない位の力で洗います。

ぬるま湯でしっかりとすすぎ、タオルでおさえるようにふき取ります。

洗顔のしすぎは逆効果です。肌に必要な脂分も取り去ってしまいます。
とりすぎた皮脂を補うために、皮脂分泌はますます盛んになってしまいます。
しかも肌荒れの原因になったり、その積み重ねがさらなる毛穴の角質肥厚を起こしたりします。
油分を取り過ぎない洗顔料を使うことも重要です。


洗顔の後は保湿です。

保湿はたるみ毛穴のケアにも重要です。
化粧水をタップリと与えてしっかり保湿、乾燥から肌を保護することで、たるみ毛穴も目立たなくなってきます。

化粧水には含まれる成分によっていくつかの種類があります。
普通肌や乾燥肌用には、保湿効果の高い柔軟化粧水。脂性肌用には、過剰な皮脂や汗の分泌を抑える収れん化粧水があります。
自分の肌質を見極めた上で選ぶことが重要です。何でもいいというわけではありません。

また、乳液・クリームを化粧水の前に使用することは、根本的な肌の乾燥を防ぐことにはなりません。
油分よりもまず先に水分補給です。

乳液やクリームの塗りすぎには注意が必要です。
毛穴に詰まりやすく、逆に毛穴を押し広げてしまいます。
また、含まれる油分が、日に当たることで酸化し、かえって肌を傷める原因ともなります。
特に脂性肌の方は、乾いたところへ部分的に使用する程度で良いようです。

はがすタイプの毛穴パックのしすぎは、皮脂腺を刺激して逆に皮脂分泌を活発化させてしまうことがあります。
乾燥もしやすくなるので注意が必要です。

また、毛穴パックなどで汚れをとっても毛穴は小さくなりません。
勘違いしやすいのですが、「発汗すれば毛穴から老廃物が出る」というのは間違いで、汗腺と毛穴は別の穴です。
発汗では毛穴の掃除は出来ないのです。
毛穴そのものだけでなく、毛穴の出口周辺の角質が厚くならないような角質コントロールのスキンケアが必要です。


皮脂の分泌が気になる方は食事や生活パターンの見直しも重要です。
高脂肪の食事や甘いものの摂取を控えたり、バランスの良い食事を取るように心がけましょう。
無理なダイエットや夜遅くの飲食などの不規則な食生活、睡眠不足などもニキビや吹き出物などの肌トラブルの元です。。


ビタミンCは、お肌のハリに関わるコラーゲンの生成を促す働きがあります。
体の内外両面からケアしてくれる大切な栄養素です。
コラーゲンの減少をくい止め、保湿成分を合成する働きもあります。
多量のタンニン、カフェイン、アミノ酸などを含むグリーンティーは、収斂作用や酸化防止作用があり、肌の引き締め効果もあります。


また、大豆に含まれる有効成分、大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た性質をもち、ホルモンバランスの調整に有効です。

毛穴汚れとケアについて
おすすめ毛穴ケア商品
おすすめ化粧品
Copyright(C)毛穴ケア ビューティーラボ. All rights reserved.

広告掲載について