毛穴ケア ビューティーラボ > 毛穴汚れとケアについて > 毛穴汚れの原因とトラブル【毛穴が汚れる原因】

毛穴が汚れる原因

毛穴が汚れる原因にはどんなものがあるのでしょうか?


まずあげられる一番の原因が加齢による皮膚の老化です。

皮膚の乾燥によって角質の異常を起こし、真皮層のコラーゲンの弾力が失われ、毛穴が開いたりキメが荒くなったりします。加齢による肌のたるみは毛穴の開きを閉じにくくします。


また、毛穴の中に過剰な皮脂がたまることによって毛穴は開いてきます。
皮脂の過剰な分泌や乱れが毛穴を詰まらせることとなり、その状態が続くと毛穴が閉じにくくなってしまうのです。


過剰な皮脂分泌は、気温の変化やホルモンバランスの崩れ、食生活の乱れやストレスなどが要因となって起こります。紫外線も毛穴が開いてしまう要因のひとつです。


最近では20代半ばでも過度の日焼けが原因となって毛穴の開きを招いている人が増えています。
紫外線が肌に与えるダメージは、やけどと同じメカニズムです。
紫外線にさらされた時に発生する活性酸素によって皮膚の毛穴部分が酸化し、毛穴の内壁が小さな炎症を起こして広げられていくのです。

そして、広げられた毛穴にはますます紫外線が入り込み、どんどん肌は老化し、さらに毛穴が広げられていくという悪循環に陥ります。

開いてしまった毛穴には、化粧品やほこり、皮脂などの汚れが溜まりやすくなります。
毛穴にたまった皮脂が空気中のゴミを引き寄せます。これが毛穴を黒ずませ、肌のキメを荒くしていきます。


汚れの原因には、日々行っているはず?のクレンジングの間違った方法もあげられます。

特に最近流行の簡単メイク落としには要注意です。
ウエットティッシュタイプのメイク落としには、通常のクレンジングよりも多くの添加物、保存料が含まれています。
この添加物が原因となって皮膚の荒れを招いてしまうこともあります。

また、手軽さゆえの不十分なクレンジングで毛穴に残ってしまった汚れは、通常の洗顔石鹸では落ちないのです。

クレンジング剤に入っている強い油分を落とす成分は、通常の洗顔石鹸にはほとんど入っていません。
メイクの主流となっている落ちない口紅やウォータープルーフマスカラなどはなおさらです。

しかも毛穴周辺の皮脂汚れが十分に洗浄されないまま酸化すると、色素沈着の原因にもなりかねません。 便利さゆえの悲劇です。


毛穴の数は体の部位によっても大きく変わります。
顔の中でもTゾーンと呼ばれる部位には7倍もの毛穴が密集しています。
皮脂分泌の盛んなTゾーンの毛穴が開き、黒いポツポツになったりするトラブルは、20代前半くらいまでに多く見られます。


また、皮脂分泌の量や毛穴の状態は年齢によっても変化します。

10代は皮脂分泌が盛んでニキビも気になってくる年代です。

20代に入っても分泌は衰えずケア次第では毛穴が大きく開くことにもなります。

30代では分泌量は減少しますが、加齢による肌の乾燥やたるみがさらに毛穴を目立たせることになってしまいます。

そして40代以降ではますます拍車がかかることになります。


しかし皮肉なことに、テカリ・べたつき・汚れの原因であり、過剰分泌が毛穴を開き、汚れを引き寄せる、嫌われ者のようなこの皮脂が、実は、お肌のバリアとして、潤い・ツヤを保つ大変重要な役目も果たしているのです。
取り除くことだけを考えずに、適正に作られるようにコントロールすることの重要性を心しておかなくてはなりません。


年齢や肌質・毛穴の状態を見極め、適切に皮脂をコントロールし保湿ケアやたるみケアを施していくことが美肌を保つ秘訣です。


それでは、毛穴が汚れる主な原因とそのトラブルについて少し掘り下げてみましょう!

毛穴汚れとケアについて
おすすめ毛穴ケア商品
おすすめ化粧品
Copyright(C)毛穴ケア ビューティーラボ. All rights reserved.

広告掲載について