毛穴ケア ビューティーラボ > 毛穴汚れとケアについて > 毛穴汚れの原因とトラブル【皮膚の老化】

皮膚の老化

表皮の基底細胞層で作られた細胞が、アカとなって剥がれ落ち、新しい角質と入れ替わるサイクルを「角質代謝」といいます。

この代謝は年齢と共に衰えていきます。
アカとして排泄されるはずの古い角質が硬くなって蓄積してしまうのです。


角質代謝のサイクルは通常28日ですが、60歳になると120日にまで遅くなってしまいます。
こうして代謝の周期がどんどん遅くなることを「老化」といいます。


皮膚が老化すると皮膚表面が乾燥し、表皮と真皮の間の波状の凹凸がなくなり、代謝が低下することで皮膚が黄ばみ皮膚のハリや潤いがなくなって、くすんだ弾力のない状態になります。


皮膚の老化の原因としてはまず、遺伝が考えられます。
生まれつき衰えにくい肌と衰えやすい肌があるのです。


また、炎症を起こしやすい肌は他にくらべて老化のスピードが早まります。
軽い炎症でも繰り返すことによって皮膚の老化に差が出てきてしまいます。。


老化の一番の原因は、紫外線と太陽熱です。
紫外線は活性酸素の大量発生を促し、皮膚の内部まで浸透して皮膚細胞を破壊し、機能の低下をもたらします
太陽の強い日差しは肌に炎症をおこし、皮膚の衰え、老化を加速させます。

なんと皮膚老化の8割近くが、この太陽光によるものです。


同じ年齢なのになんとなく老けて見える・・・


若々しい肌を保つため、老化のスピードを出来る限り遅らせるためにも、まず紫外線を防ぐことが大切なのです。

毛穴汚れとケアについて
おすすめ毛穴ケア商品
おすすめ化粧品
Copyright(C)毛穴ケア ビューティーラボ. All rights reserved.

広告掲載について